アートと障害のアーカイブ・京都

宇仁 英宏

UNI hidehiro

1978年生, 京都市在住
絵画
アトリエ・ウーフ

プロフィール

1992年よりアトリエ・ウーフに所属

中学生の時アトリエ・ウーフに入会、当時の絵は小さな画用紙には収まりきれず、切ったり貼ったりくっつけたりと立体的になり、やがて油絵で開花した。赤を基調とした独自の色をつくり、壁のように絵具を何重にも塗り込める。キャンバスの中ほどに真直ぐに水平線を引くと、彼の風景が生まれる。大胆な構図と、若々しくシュールな色づかい。燃え上がるような日の出や、哀愁を帯びた日没を描いた作品は反響を呼び、20歳で初の個展、多くの展覧会で数々の賞を受け注目を浴びた。現在もエイブル・アート・カンパニーの登録作家として活躍しながら、アトリエ・ウーフの同じ席で、マイペースで製作を続けている。

受賞歴

1996年
京都とっておきの芸術祭佳作 「木―秋・冬・夏」
1997年
同 市長賞 「火山」
1998年
同 実行委員会会長賞 「ピサの斜塔」
2001年
同 優秀賞 「日没」
2002年
かんでんコラボアート入選 「ピアノ」
2004年
京都とっておきの芸術祭府知事賞 「ハイウェイ」

出展歴

(おもな展覧会)
2000年
「アトリエ・ウーフと15人の画家たち」京都文化博物館
2001年
個展「2000年の木 展」寺町三条ギャラリーF
2001年
「エイブルアート近畿・ひと・アート・まち京都」 堺町画廊
2002年
「西から来た妖精たち」栃木県 もうひとつの美術館
個展「宇宙コネクション」テンダーハウス・ブライトルーム
2006年より
とっておきの芸術祭賛助作品として出展
2007年
「あっ!とアートお散歩展」集酉楽サカタニ
2011年
個展「宇仁英宏展」集酉楽サカタニ
2014年
知恩院和順会館美術館改装こけらおとし展覧会
その他数々のアトリエ・ウーフ展覧会にはメイン作家として出品

前後の作品
作品閲覧パネルを閉じる