KIMURA Masahiko

Born in 1984 | Lives in Kyoto City | Painting

Kyoto City Fushimi Gakuen Atelier Yoohoo!!

Profile

From a distance, Masahiko Kimura’s drawings look like they are composed of many dots. However, upon a closer look, the dots turn out to be more like zig-zagging tree branches or , one of the earliest systems of writing. These zig-zag shapes are given a nickname, , after the Latin word. Though many of his works feature a deep color palette, and the zig-zagged edges make you feel uneasy, they still draw your attention. The wedge-shaped prints are sometimes laid over the top of a complementary color, and other times a similar one, which creates a unique visual effect.

Kimura’s motifs can be his interests or the latest news at the time, or sometimes they are related to his local scene, and he decides them after speaking to the support staff from his facility. When he draws, he looks frequently at a picture or document of the motif and draws it densely, gripping several colored pencils in his left hand. Because Kimura's begin in the details and increase from there, sometimes it ends up that only a part of the motif fits on the canvas. As he engages himself with finishing his drawings until he is exhausted, he stops and spends time flipping through a magazine before he moves on to his next work.

Previously, Kimura used to do sketches for pottery at Kyoto City Fushimi Gakuen. But when the facility opened as Atelier ’Yoo-hoo!’, he joined the activity and has since started drawing properly. In contrast to his dynamic pictures, the artist is very relaxed and is even goofy. He likes variety shows and horse racing very much, and he has even memorized the entirety of an episode of . He does live coverage of an imaginary horse race (his punch line always involves a jockey falling off his horse), and he cheers everyone up at a stretching program at the Atelier.

Occasionally, Kimura will draw something from his head, but, to our surprise, these become cute illustrations done with hesitant lines, and no appear at all.

Awards

2009年
「旬の食材」 産経はばたけアート大賞
2010年
「ブルートレイン」 産経はばたけアート大賞
2011年
「写楽」 産経はばたけアート佳作
2012年
「京都タワー」 産経はばたけアート優秀賞
「水牛」 かんでんコラボアート入選
2015年
「ベスパ」 かんでんコラボ・アート審査員特別賞
「オオカミ」 ポコラート入選
2016年
「東京の思い出」 ポコラート入選
「彦根城」 産経はばたけアート佳作
2017年
「サッカー選手」 SONPOパラリンアートカップ2017 審査員特別賞

Exhibitions

個展

2016年
木村全彦展CUNEI CUNEI(京都/art space co-jin)
同 巡回展(京都/あうる京北)
2018年
感覚の視点-木村全彦個展-(奈良/たんぽぽの家アートセンターHANAギャラリー)

グループ展

2011年
SUPERPOSITIVE 世界への愛着(京都/みやこめっせB1F)
2012年
アールブリュット展~人の果てしなき創造力に出会う!~(佐賀/佐賀県文化会館)
2013年
ポコラート全国公募展Vol.4(東京/アーツ千代田3331)
エイブルアート近畿2013ひと・アート・まち京都「京・まちの彩」(京都/知恩院和順会館)
2014年
第3回アウトサイダーアート2014豊橋(愛知/豊橋市美術博物館)
KYOTO L’art brut 6 EXHIBITION (京都/oinai karasuma)
天才アートミュージアム2014(京都/堀川御池ギャラリー)
コラボ・アート21(大阪/梅田スカイビル40F)
2015年
第4回アウトサイダーアート2015豊橋(愛知/豊橋市美術博物館)
ポコラート全国公募展Vol.6(東京/アーツ千代田3331)
天才アートミュージアム2015(京都/堀川御池ギャラリー)
アールブリュット ユートピアの創造主たち(滋賀/大津プリンスホテル)
2016年
NAKANO~街中まるごと美術館~アール・ブリュット一人の無限の創造力を探求する2017(東京/サンプラザ)
安倍総理と障害者の集い(東京/首相官邸)
福祉の現場で生まれるアート展(大阪/大阪デザイン振興プラザ(ODP))
エイブルアート近畿2016ひと・アート・まち和歌山「電車天国」(和歌山/JR紀伊田辺駅に隣接するギャラリー)
第5回アウトサイダーアート2016豊橋(愛知/豊橋市美術博物館)
2017年
京都文化力プロジェクト推進フォーラム(京都/ロームシアター京都サウスホール)
フランス障害者の文化芸術国際交流事業 ジャパン×ナントプロジェクトKOMOREBI展(フランス/フランス国立芸術センター「リュー・ユニック」)
山梨アール・ブリュット展つなぐ・きらめき(山梨/甲府市藤村記念館)
同 巡回展(山梨/富士レークホテル)
アール・ブリュット展~創造の可能性に出会う~(東京/ビックサイト)
東京だよ!「アトリエやっほぅ!!」(東京/J’GALLERY&CAFÉ)
2018年
アール・ブリュット展~個々に宿る創造のカタチ~(東京/国立新美術館)
第2回山梨アール・ブリュット合同企画展~親密なるまなざし~ 山梨/山梨県立美術館)
~いちばん身近な美術展~アール・ブリュットde街おこし展2018(東京/野方WIZ  2FギャラリーA・B)
アール・ブリュット 動く壁画(滋賀/ボーダーレス・アートミュージアム NO-MA)

Artist Collections

  • 沖縄の思い出

  • すし2

  • 薬師寺

  • たい

  • ランチ

  • 三種類のはさみ

  • パイナップル

  • モクレン

Appreciate more works