作家一覧

Artists

  • 池上 洋二 IKEGAMI Yoji

    1974年生 | 京都府在住 | 絵画

    図鑑や写真を見ながら、大胆な構図と色使いで動物や植物を描く。気に入ったモチーフは繰り返し描かれるが、配色や混色についてはその都度、変化している。斬新な表現の中にも工夫が見られ、描かれる線は生き物の力強い存在を余すところなく表している。制作中は、職員や他の施設利用者とのやり取りや冗談を交え、楽しみながら描き進めている。

  • 上羽 千春 UEBA Chiharu

    1979年生 | 京都府舞鶴市在住 | 刺しゅう

    刺しゅうと掃除が好き。作業中は職員と言葉あそびをして楽しむこともある。自分で下絵を描き、いろいろな色のミシン糸を合わせて、糸を作ってから刺しゅうを始める。色合わせ、糸作り、刺しゅうの構図、どれを取ってもオリジナルであり、「ちはるステッチ」ができあがる。

  • 宇仁 英宏 UNI hidehiro

    1978年生 | 京都市在住 | 絵画

    中学生の時に、アトリエ・ウーフに入会、当時の絵は小さな画用紙には収まりきれず、切ったり貼ったりくっつけたりと立体的になり、やがて油絵で開花した。大胆な構図と、若々しくシュールな色づかい。壁のように絵具を何重にも塗り込めたマチエールが魅力的。現在もアトリエ・ウーフの同じ席で、マイペースに制作を続けている。

  • 川村 章夫 KAWAMURA Akio

    1961年生 | 京都府城陽市在住 | 絵画

    昔から絵を描くのが好きだったという川村。DOでは2010年頃からの彼の作品が残っている。今はクラブ活動時間以外でも居室でよく絵を描いており、時間があれば気が済むまでスケッチブックと向き合っている。そんなスケッチブックの冊数は100冊を超えており、広げてみると全て細かく彩り描かれており、同じようで少しずつ違う…。そこには川村の世界が広がっている。特にお気に入りは東京タワーだそうで、東京タワーを中心とした東京都市や琵琶湖、比叡山などカラフルな絵たちを描いている。

  • 木村 康一 KIMURA Koichi

    1976年生 | 京都市在住 | 陶芸

    ユーモラスな表情のカッパや猿、あるいは、手足や目、鼻、口など身体のパーツが自在に組み合わされた生き物など、陶器にてオリジナルの「妖怪」を制作している。時に同じモチーフのものをいくつも作ることもあるが、基本的には一つ一つ異なる千差万別の作品を生み出している。小学生の頃に水木しげるの影響で妖怪が好きになり、模写から次第にオリジナルのものを描くようになった。修光学園に通い始めてから陶芸での制作を行うようになり、現在も学園では陶芸の立体物を作り、自宅ではB5サイズの紙に鉛筆で大量のドローイングを描いている。

  • 木村 全彦 KIMURA Masahiko

    1984年生 | 京都府京都市在住 | 絵画

    色鉛筆を用いて、独特のタッチで絵画を描く。「キュニキュニ」という愛称で呼ばれるその細かなタッチが集積してできた画面は、独特の視覚効果を生み出し、見る人を惹きつける。モチーフはその都度、様々で写真や雑誌を見ながら描く。馬とバラエティー番組が大好き。

  • 国保 幸宏 KOKUBO Yukihiro

    1974年生 | 絵画

    濃いクレヨンと淡い絵の具を何層にも積み重ねる。何度も同じ道を巡る、終わりが見えない旅のような工程。時に独特のメロディーを口ずさみながら筆を走らせ、軽やかさと深遠さを紙に塗りこめて行く。彼の作品を持つとその重さに驚くだろう。

  • 後藤 実 GOTO Minoru

    1968年生 | 京都府在住 | 絵画

    2013年、あるワークショップへの参加をきっかけに絵を描きはじめる。人柄は寡黙、誠実、真面目。その人柄を表すような忠実な写実を画風とするが、モチーフを描ききれない時には紙の裏側にまで回り込んで続きを描く真面目さは、もはや一周回って型破り。やはり型にはまらない鮮やかな色遣いも美しい。

  • 濱中 徹 HAMANAKA Toru

    1948年生 | 京都府宇治市在住 | 絵画

    19歳の頃に絵を描き始めて以来、独学で自分の世界観を描き続けてきた。独自に編み出した技法により生み出される繊細な絵の中には、鉱石でできたラジオに耳を傾ける蛙や、機械式時計の虫、オリジナル機能をもつカメラなどが登場し、一枚一枚の絵の中でさまざまな物語が展開されている。

  • 平田 猛 HIRATA Takeshi

    1936年生 | 京都市在住 | 絵画

    毎日、ベッドの上でスケッチブックに絵を描き続けている平田猛。そこには内臓と思わしき丸で構成された人体や、文字、単純化された動物や、薬、窓の外の風景など、さまざまなモチーフが描かれ、休むことなく生み出されるそのドローイングは膨大な量となっている。

  • 藤橋 貴之 FUJIHASHI Takashi

    1963年生 | 京都市在住 | 絵画

    20歳の頃より絵画制作を始め、自分の世界を広げる。想像の公園や街、写真で見た外国の風景などを、独自のゆったりとした、一定のリズムをもって、色鉛筆で細かく流れるように描く。本人の感性そのものである色彩とタッチが鮮やかな世界となって現出する。

  • 松原 日光 MATSUBARA Hikaru

    1975年生 | 京都市在住 | 刺繍

    旅行で見た船や飛行機、季節ごとに庭に咲く花々は大きな「刺繍の絵画」となって表現される。震災に心を痛めれば物憂げな動物がキャンバスに現れ、参拝した寺院に感銘を受ければ花びらに独特の模様が現れる。繰り返される毎日の中で繰り返される針の動きは、鮮やかな色彩を伴って松原の世界を紡ぎ出す。