木村 康一 KIMURA Koichi

1976年生 | 京都市在住 | 陶芸

社会福祉法人 修光学園

Profile
プロフィール

ユーモラスな表情のカッパや猿、あるいは、手足や目、鼻、口など身体のパーツが自在に組み合わされた生き物など、陶器にてオリジナルの「妖怪」を制作している。時に同じモチーフのものをいくつも作ることもあるが、基本的には一つ一つ異なる千差万別の作品を生み出している。小学生の頃に水木しげるの影響で妖怪が好きになり、模写から次第にオリジナルのものを描くようになった。修光学園に通い始めてから陶芸での制作を行うようになり、現在も学園では陶芸の立体物を作り、自宅ではB5サイズの紙に鉛筆で大量のドローイングを描いている。

Awards
受賞歴

1995
第1回「京都とっておきの芸術祭」佳作 「愛染明王」
1996
第2回「京都とっておきの芸術祭」優秀賞 「仏像三体」
1998
第4回「京都とっておきの芸術祭」優秀賞 「戦うドラゴン」
1999
第5回「京都とっておきの芸術祭」優秀賞 「ヘビ女」
2000
第6回「京都とっておきの芸術祭」佳作 「トラ」
2002
第8回「京都とっておきの芸術祭」優秀賞 「お道化」
2005
かんでんコラボ・アート21 入選 「てんぐ」
2016
第22回「京都とっておきの芸術祭」京都府知事賞 「百妖夜行」
(2021年9月時点)

Exhibitions
出展歴

1995
第1回「京都とっておきの芸術祭」京都こども文化会館
1996
第2回「京都とっておきの芸術祭」京都市勧業館
1997
第3回「京都とっておきの芸術祭」京都市勧業館
1998
第4回「京都とっておきの芸術祭」京都市勧業館
1999
第5回「京都とっておきの芸術祭」京都文化博物館
2000
第6回「京都とっておきの芸術祭」京都文化博物館
2002
第8回「京都とっておきの芸術祭」京都文化博物館
2003
第9回「京都とっておきの芸術祭」京都文化博物館
2006
第11回「京都とっておきの芸術祭」京都芸術センター2階 講堂 アートフォーラム
第12回「京都とっておきの芸術祭」ハートピア京都(京都府立総合社会福祉会館)
2016
第22回「京都とっておきの芸術祭」日図デザイン博物館
2021
「シン•妖怪 木村康一の世界」あうる京北 3階ロビー
(2021年9月時点)

Artist Collections
作家の作品

  • ひつじがみさま

  • (タイトル不明)

  • (タイトル不明)

  • (タイトル不明)

  • (タイトル不明)

  • れんがあしゆうれい

  • (タイトル不明)

  • (タイトル不明)

もっと見る