アートと障害のアーカイブ・京都

Description
作品概要

作品名
作家名
廣川 照章
材質・技法
ダンボール | ガムテープ | その他
サイズ
230×331×455mm
完成年
不明
作品番号
004926

本アーカイブに収蔵されている作品画像は著作権により保護されています。
作品画像の無断転用・改変・商用利用は禁止致します。

Profile
作家プロフィール

  • 廣川 照章 HIROKAWA Terufumi

    廣川の暮らすグループホームの自室には、大量のダンボール箱が高く積まれている。それらは「箱」と呼ばれ、内側と外側から何重にもガムテープを巻きつけて梱包されたものである。「箱」の制作は自室に鍵をかけて進められるため何が入っているかは明確にはわからない。
    「箱」は1日1個ほどのペースで作られ、日々増え続けていく。あまりにも生活を圧迫するため減らすようにスタッフが説得したところ、廣川は「命よりも大事なもの」な旨を伝えてきた。以来、廣川の意思を尊重しながら共存の道を探っている。

Contact
問い合わせ先

作家、作品に関するご感想、お問い合わせはメールフォームよりお気軽にお送りください。