MITSUSHIMA Takayuki

Born in 1954 | Lives in Kyoto City | Two-dimensional work, three-dimensional work, installation

Profile

MITSUSHIMA Takayuki lost his eyesight when he was 10 years old. After graduating from Otani University (Faculty of Letters Departments of Philosophy), he opened an acupuncture clinic. He began working with clay art in 1992 and has started “sawaru kaiga”, touching art, since 1995, utilizing some drafting tapes and cutting sheets. He was awarded Silver for the Art Paralympic Nagano ‘98 in 1998. Mitsushima looks for new expressions in his art, such as tactile sequel art, and there are many works that collaborated with other artists and tactile collages that he has explored since 2012.A tactile collage involves materials such as cloths or metallic items which you can directly feel as the works are mean to be touchable. Since 2018, he has selected nails as his main material and continues to explore his works. They are simple yet evolving as he discovers additional elements that can be sensed by touching nails at a tilt, and with height differences. In January 2020, he opened his gallery / his own atelier, called “Atelier Mitsushima”. He moves forwards to broaden his activities in the hope that the atelier can become the place for him to improve accessibility within art by practicing new approaches.

Awards

1998
'98長野アートパラリンピック 『らせんの手がかりII』  大賞(立体部門)
1998
'98長野アートパラリンピック  『地ビールを注ぐ』  銀賞(平面部門)
2006
第14回 CSデザイン賞( 株式会社中川ケミカル )  アクリルや、ボトルに描いた作品の写真審査  奨励賞
2019
第14回 片岡好亀賞(愛盲報恩会、社会福祉法人名古屋ライトハウス)  視覚障害者の文化、芸術活動に対して  片岡好亀賞
(2020年8月時点)

Exhibitions

展覧会

2013.04
「どうしたんだ!へへいベイビー!バッテリーはビンビンだぜ!」(京都・アトリエパッチワーク)
2013.05
「みる/さわるだけではわからない、かもしれない」(京都・MATSUO MEGUMI + VOICE GALLERY pfs/w)
2013.07
「バリアをあそべ!」(京都・ARTZONE(アートゾーン)
2013.09
「光島貴之展―さわるためにだけ存在するものがあってもいい」(兵庫・甲南大学ギャルリー・パンセ)
2013.12
「なんとなく、クリスマス」(奈良・たんぽぽの家アートセンターHANAギャラリー)
2014.04
「光島貴之展―さわるために存在するもの」(京都・GALLERYはねうさぎ)
2014.09
「31,536,000分の1の・いま Part 2」(東京・ギャラリイK)
2018.06
「Komorebi展」(京都・喫茶店ウッドノート)
「風はなにいろですか Part2」(東京・ギャラリイK)
2018.12
「エイブル・アート・アワード20周年記念 受賞者展」(東京・A/A gallery)
「触れる美術展2018 手から始めよう 西村陽平×光島貴之」(長野・ギャラリープラザ長野)
2019.08
「MOTサテライト2019 ひろがる地図」(東京・東京都現代美術館)
2019.10
光島貴之個展「扉を開く」(東京・ギャラリイK)
2019.11
2019年度コレクション展III 特別展示「もうひとつの日常」(兵庫・兵庫県立美術館)
2019.12
グループ展「第24回みんなで展覧会」(京都・山崎書店K)

ライブパフォーマンス&ワークショップ

2013.10
ワークショップ「さわれる絵を描こう!&ことばと全身をつかって鑑賞しよう!~見えない人と見える人が一緒に作って、カラダで見るワークショップ~」(京都・大山崎ふるさとセンター)
講師:光島貴之×黒子沙菜恵×伴戸千雅子
2014.08
ワークショップ「あなたの感じている世界を手ざわりカードで表現してみよう」(岡山・ 米子市福祉保健総合センターふれあいの里)
2014.10
ワークショップ「あなたの感じている世界を手ざわりカードで表現してみよう!」(秋田・秋田公立美術大学社会貢献センター「アトリエももさだ」)
2017.01
ワークショップ&パフォーマンス「co-jinの森をつくろう!そして、その中で、うごいてみませんか?」(京都・art space co-jin) 
ナビゲーター:光島貴之×五島智子(ワークショップ企画者)
パフォーマー:光島貴之×黒子沙菜恵(ダンサー)×かつふじたまこ(音作家)
2017.02
ワークショップ「もっとさわって楽しもう!」(奈良・奈良県文化会館)
2018.11
CANVAS vol.2 “Black is Beautiful”(京都・CLUB METRO)
2019.05
インクルーシブ・ツアー 「言葉でゆっくり編」(東京・六本木アートナイト2019)*リードユーザーとして参加
(2020年8月時点)

Artist Collections

  • 聴いているⅠ

  • 顔Ⅰ

  • 北大路駅バスターミナル

  • フォートリエのトルソを触る

  • 罐ビール

  • わがままな記憶をかたちにしてさかのぼる

  • Wine Glasses

  • エビアンを飲む

Appreciate more works